2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メニュー

  • ダイアリー
  • コミック
  • ムービー
  • ささやかなギモン
  • ねこんぽ

My favorite

ぽれぽれ管理人が 猫パンチTV以外で よくお邪魔するブログ

◆とっても猫 や ちょっと猫

« 魅了する瞳 | トップページ | タイムカプセル写真 »

2006年7月22日 (土)

猫と表情

0722x


カメラに残っていた一瞬の表情
ひどく人間くさく見える一枚に
私は愉快になることがある
君も愉快に毎日を過ごせているかい?

-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----

猫は身繕いをしたいからしているだけ。 何かにじゃれたいからじゃれるだけ。 その様子をカメラに収める。

人間のように感情を映しているわけではないのは承知だけれど、彼らの表情の変化を見つけるのが好きだ。

技術的にいい写真は撮れない。 しかし、あまりにひどい写真は撮りたくないので、それなりに工夫もするが、技術以前に、縁があって同居する間柄となった猫達への気持ちが、写真の撮りように出るのだろうな、と思う。

手元の写真データを整理しながら、自分はふざけた飼い主かもしれない、と苦笑する。

君たちの方が寿命は短いけれど、一緒にいられる間は一緒に楽しもうね、と猫達を見る。 のんびりと寝ていて、人の気など知ったことではない風で、それもまたよい。 

ダイアリー | | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
猫と表情:

コメント

>縁があって同居する間柄となった猫達への気持ちが、写真の撮りように出るのだろうな

ああ、いい文章ですね。
他のどの行もすーっとこころにしみてきます。

飼い主さんの覚悟のようなもの
慈しみいとおしみ楽しみ
限りを知りながら最後まで付き合う姿勢に
心打たれます。
そのうえで、にやにや・くくくと
たのしませていただいてます。
ありがとうです。

投稿: 文 | 2007/03/23 2:11:52

■文さん
このエントリを選んでコメントを残して下さったことが嬉しいです。
コメントに頂いた言葉のすべてが嬉しいです。
そして、他の誰でもなく、文さんだったのが嬉しいです。
ありがとうございます。

投稿: まな | 2007/03/24 0:35:08

コメント書く